事業承継・M&A

1/6ページ
事業承継は、オーナー経営者にとっての資産承継です。事業という価値ある財産を承継することを考えます。近年、後継者不在の企業が増えてきており、親族ではなく第三者へ承継するケース(M&A)が増えてきています。 M&Aによって、オーナー経営者は対価としての現金を受領します。つまり、非上場株式という個人財産が、現金という金融資産に転換され、企業経営者から金融資産家に転身することになります。その際、(1)M&Aを通じて売却価格を最大化すること、(2)売却に伴う税負担を最小化すること、(3)受領した現金に係る相続税対策を行うことが求められます。
1 6