M&A

1/2ページ
M&Aとは、親族外の役員・従業員または第三者へ事業の支配権を承継することです。多くは、事業を売却することになります。事業の売却によって、オーナー経営者は、その対価としての現金を受領します。つまり、非上場株式という個人財産が、現金という金融資産に転換され、企業経営者から金融資産家に転身することになります。 その際、資産家としての利益最大化の観点から、(1)M&Aを通じて売却価格を最大化すること、(2)売却に伴う税負担を最小化すること、(3)現金を受け取って金融資産家に転身した後、相続税対策を行うことが求められます。 資産承継オンラインでは、M&Aで高く売る方法と、売った後の資産運用について、引退する経営者の方々にとって有用な情報を提供してまいります。